iosでアプリ開発をするコツ|アップルアプリマネタイズ

携帯

バージョンに合わせた開発

システム

近年スマートフォンを利用する人が増える中、様々なアプリ開発がされています。また、isoなどのバージョンがアップすることでアプリもそれに応じた開発を進める必要があります。

» 詳しく見る

アプリを売り出すには

システム

ここ数年で普及率が高くなったスマホは、iosと呼ばれるものがあります。また、アプリ開発は自分自身で行うことが出来ますが販売をする場合は、価格を下げることで購入する人が増えます。

» 詳しく見る

ツールを使って開発しよう

電子メール

isoのアプリ開発は、デバイスの種類によって画面のサイズが異るため、解像度の問題が出てきます。また、アプリ開発を行う場合は純正のデバイスを使用することで、確かなアプリを開発することが可能です。

» 詳しく見る

無料でできる

iosのアプリ開発ならこちらがおすすめです。さまざまなお客様のニーズに答えてくれますよ。まずは相談してみましょう。

公開以外であれば無料でできる

電子メール

今やスマートフォンがたくさん普及している時代です。Androidにiphone、Windowsphoneなどたくさんあります。その中でもiphoneは人気でiphoneでしか動かせないアプリが出回っています。これらアプリ開発は基本的にはアプリ開発会社が行っているものですが、実は個人でもアプリを作ることが可能なのです。アプリ開発には多少の知識が必要となりますが、それさえ抑えてしまえばアプリを作ることができるのです。 準備としてOS Xを搭載したMACPCが必要となります。iphoneのアプリはMACPCでしか作ることができません。また開発環境をインストールする必要があるのでインターネットを利用することでインストールができます。

開発には0円だが公開に多少かかる

個人でアプリ開発を行うには0円で済むのですが、このアプリを公開したいというとなると多少お金が必要になります。いわゆる公開料といったところです。公開するのに必要となるのがiOS Developper Programというものでこれに登録をしないと公開することができません。このiOS Developper Programを利用するのに必要な金額は毎年約8400円ほどかかります。その他費用としましては開発に必要なパソコンやスマートフォンぐらいで両方共中古で買うことができます。 パソコンの場合スペックや画面などを大きくするとかかる費用が上がるので注意が必要となります。アプリ開発にはこれらを必要としますが、一度揃えてしまえばあとは簡単に作業ができます。